バツイチ婚活の不安を拭う

婚活をしていくと必ずと言って良いほどリコン経験を持っているお相手とマッチングされたり婚活パーティーで話をしたりするタイミングがあります。どうしても初婚であるということにこだわりを持っていない限りは一度離婚経験があるお相手の方が落ち着いていて良いなんて言う人も増えてきているのですが、バツイチの経験を持っている本人というのはとてもコンプレックスに感じていたりすると言われています。やはりバツイチであるということが婚活にも響いてしまい、お相手に嫌われてしまうのではないかなんていう不安を持っている人が多いので、万が一理想とすると相手にバツイチの経験などがあれば、まずはバツイチという不安を拭ってあげることから始めると良いと思います。

特にバツイチになった理由も聞かずにあくまでも自分と相手とのこれからの人生についての話を進めていく事や、万が一相手に子供がいる場合には子供の話をたっぷりと聞いてあげるなどというのはバツイチの方の不安を拭ってあげる大きな手段となります。

埼玉で人気が高いお見合いパーティー

バツイチに偏見を持っている人は相手にしない

自分にバツイチの経験があり婚活を行っている場合には、お相手がバツイチという経験をどう思うかがとても気になるところだと思います。バツイチであることを気にせずに接してくれる相手であれば問題なく仲良くすることができますが、バツイチというだけで偏見を持ってしまうようなお相手であれば、どんなに自分の中では理想的だと思ってもその時点で諦めた方が良いでしょう。これはなぜかというと、偏見を持っているお相手にはどんなに理解してもらおうと話をしても偏見が解けることがないからです。バツイチになってしまう理由というのは様々ですが、こうした様々な理由についてや、バツイチという事実について理解を示してくれる相手であれば偏見などを待たずに接してくれるはずですが、偏見を持っている時点で話はどこまでも平行線になってしまう可能性が高いと言われています。

わかってもらおうと努力をしていても最終的には偏見が邪魔してしまい上手くいかないなんていう結果になることがほとんどなので、初めの段階で偏見を持っていると感じたらその時点で他にも相手を見つけた方が良いと思います。こうした偏見を取り除く事を努力するよりも、他にしっかりと理解してくれるお相手を見つけた方が時間も効率良く使うことができますし、ストレスを感じずに楽しい時間を過ごすことができます。