恋愛よりも婚活?

すでに結婚している人というのは、婚活よりも恋愛をして結婚した方が良いのに。という意見をお持ちのようですが、実際に恋愛をしていても、必ずしもその恋愛が結婚に結びつくとは限りません。婚活というのはあくまでも恋愛をするためのスタートとして行っているものなので、わざわざ、恋愛に失敗してしまい次に新しいお相手を見つけてまた1から恋愛をして…と言う時間を省きたいという人が婚活を行っています。実際の効率を考えた場合にも婚活を行った方がはるかに時間を有効に使うことができます。

上でもお話したようにお付き合いする恋人を見つけて恋愛して結婚には至らず、また次に恋人見つけるということをしていると、どんどん時間を無駄にしてしまいますが、婚活であればある程度複数の人と同時にコミュニケーションを図ることが可能なので、1人の人に集中したり依存する時間がなく、結婚するまでの時間も短縮することができます。どうしても恋人がいると、その人のみになってしまいますから途中で喧嘩をしたり上手くいかなくなったり、次の恋人を探したりと様々なプロセスが必要になりますが、婚活であればこうしたプロセスを飛び越えてお互いに気の合う者同士がその時点で結婚を意識しながらお付き合いをしていくことが可能になります。

partyparty

婚活をしながらでもしっかり恋愛を楽しむ

婚活をしていれば、出会うお相手というのはもちろん結婚を意識しているわけですが、デートを重ねるたびにいつも結婚する話などになればお互いに疲れてしまうことがあります。ですからあくまでも結婚を意識した上でデートを楽しんでいくということはとても大切になります。昔のようなお見合い結婚とは違うので、婚活をして気が合う者同士が必ずしも結婚をしなければならないというわけではありません。婚活で知り合いしばらくお付き合いをしていても、上手くいかない場合には当然お断りをして他のお相手を見つけることが可能ですから、ある程度意気投合して仲良くなったお相手とはしっかりと恋愛を楽しみましょう。恋愛を楽しむことによって自分にとっても刺激がありますし、常に自分磨きを心がけるのでとても良いことだと思います。

恋愛を忘れてしまい結婚にばかり目が向いてしまうと、お相手も自分も疲れてしまうことになるので、この部分には注意が必要です。いずれ結婚するのであれば、まずは恋愛を楽しんでおいた方が結婚後の生活も安定すると思いますよ。