自分中心の婚活は上手くいかない

婚活は自分の幸せを掴むために行っていくものですが、その中でもやはりお相手とやりとりがありますから、自分自身だけで婚活を行っているわけではありません。自分中心の婚活には注意しましょう。婚活をしていく中で、例えば会社の努力話をする際など、周りは仕事の話をしているにもかかわらず自分だけ婚活に関する話をしてしまうなどというのも自分中心となってしまいますので避けたほうが良いでしょう。更に婚活パーティーやお相手とのデートでも、もちろん自分中心ではなく、相手を優先しながら婚活を行っていかなくてはなりません。お相手と話をする中で自分のことばかり話してしまったり、自分が食べたいものを選んで勝手にお店に入ってしまったりというのはお付き合いが上手くいかない最も大きな原因になります。

また万が一相手との交際が上手くいかなかった場合にも相手に欠点があると思い込んでしまい、自分の悪いところを見つめ直さないと、いつまでも婚活は成功しないままとなってしまいます。今まで自分中心だという指摘を受けたことがある人や、自分中心の部分があると自負している人は婚活を行っていく上で本当に注意しながらできるだけ相手を優先しながら行っていくと良いと思います。

シャンクレールお見合いパーティー

まずは相手の意見を聞いてみる

自分中心ではいけないからといって、全てを相手に合わせる必要はありません。例えば男性も女性もどちらも控えめな場合には、食事をする際にも中々お店が決まらないなんていうことがあります。その時にはお互いに今何が食べたいかということを素直に口に出していくようにしましょう。その上でどちらの店に行くのかを決めると良いと思います。自分中心ではなく相手を優先することと、単純に優柔不断というのは全く意味が違ってきますので、必要なことはしっかりと口にしなければなりません。

またデートの予定などに関しても、仕事を休んでまで相手の都合に合わせて出かけていく必要はありませんから、仕事がある時などははっきりと仕事だということを伝えた上で他の日に埋め合わせをするようにしていくと良いと思います。こうした誠意というのは必ず相手に伝わりますし、もちろん自分中心だと思われてしまうことはありませんから、とても良い関係を築いていけるのではないでしょうか。この自分中心な部分を無くすというのは婚活において本当に大切な条件ともいえますから、特に気をつけておくべきだと思います。